◆「記憶の達人」から学ぶ記憶法(その4):管理人の保坂栄之介で◆「記憶の達人」から学ぶ記憶法(その4)を解説!



ブログトップ>カテゴリ:保坂栄之介 >◆「記憶の達人」から学ぶ記憶法(その4)

2007年06月15日

◆「記憶の達人」から学ぶ記憶法(その4)


◆今回ご紹介するのも黒田健二さん(当時史上最年少の20歳で司法試験に合格)のお話。

では、さっそくご覧下さい。


●未来のプラスイメージ

『実際に成城や豪徳寺の豪邸を眺めながら「いつかここに住んでやる」と、心に誓いながら散歩した』


⇒「自分の価値基準」で「こうなったらいいな」「あぁなったらいいな」という未来のプラスイメージを素直に思い浮かべると、頭脳の働きがよくなるそうです。

なお、自己啓発系の本でも、物事を成し遂げようとする時の「反骨精神」みたいなものは、強いパワーを生み出すようなことがよく書かれていますネ。


●反復

『一番悪いのは「覚えたつもり」になって反復しないこと』


⇒こと税理士試験においては、この点については問題ないハズ。

何たってこのブログをお読みのアナタは「理論をぐるぐる回転させて」いるはずですから(笑)。


●リラクゼーション

『自分なりの「頭の休め方」をひとつでも身に付ける』


⇒黒田さんは、上記の豪邸街の散歩で頭を休めたとか。

リラックスという点では、このブログにおいては、下記の記事が参考になるかもしれません。

「Peace Blue」〜眠れぬ夜に


●自分流でやる

『やり方は人それぞれ、自分にマッチしたやり方を見つけること』


⇒理論暗記のやり方も書いたり、読んだり、聞いたり、マーキングしたり、と人それぞれです。

私もこのブログでは、「こうしなさい」という言い方を出来るだけ避けるようにしています。


◆いかがだったでしょうか?

特に奇をてらったものはありませんでしたが、それだけに重みもあるのではないか、と。

アナタも取り入れられそうなところは、一度取り入れてみてはどうでしょうか?


各種資格試験 - livedoor Blog 共通テーマ 人気blogランキングへ
foxxyfoxxx at 15:47│Comments(0)TrackBack(0)保坂栄之介 | 記憶法
このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバックURL(この記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。また、トラックバックは承認後反映されます。)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
選りすぐりの本を集めました!
<管理人プロフィール>
・都内開業税理士
・事務所所在地は23区内
・好きな勉強法は丸暗記
・趣味は読書
Categories