「成功の心理学」(その2):管理人のデニス・ウェイトリーで「成功の心理学」(その2)を解説!



ブログトップ>カテゴリ:デニス・ウェイトリー >「成功の心理学」(その2)

2006年10月21日

「成功の心理学」(その2)

◆今日も引き続き、デニス・ウェイトリー氏の「成功の心理学」についてお送りします。
(昨日の記事はこちら


◆ポジティブであるとかないとかは関係なく、「積極的であろうとなかろうと、点さえ取ればいい」と私は思っていました。

それはある意味では正しく、ある意味では正しくありませんでした。


「正しい」と言うのは、あくまで

「税理士試験」において、採点の対象となるのは「答案」であり、個々の受験生ではない

と言う意味では、です。


「正しくない」と言うのは、

「人の深層心理は奥深く、アタマで意識している次元とは、また別の次元がある」

という意味では、です。


◆この本の初版が書かれたのは10年以上前ですが、色々な書籍を読んだ今の方が、私にとっては重みがあります。

各章の終わりに「むだにできる時間はないのだ」というフレーズが繰り返し出てくるのも、受験生の皆さんにはピッタリのような気もします。

(続く) 人気blogランキングへ
このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバックURL(この記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。また、トラックバックは承認後反映されます。)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
選りすぐりの本を集めました!
<管理人プロフィール>
・都内開業税理士
・事務所所在地は23区内
・好きな勉強法は丸暗記
・趣味は読書
Categories